管理栄養士・パーソナルトレーナーのblog

管理栄養士・パーソナルトレーナーの観点から、栄養・心理学について学びのアウトプットをするブログ

正しい食事法とは・・・


 最近目標であった管理栄養士試験にやっとこさ合格しましたが、それでも正しい食事法なんて正直わかっておりません。

 

 

 むしろ正しい食事なんてあるんでしょうか?という感じです。

 

 

 セミナーに参加したり、たくさん食に関しての本を読んでいますが、医師や学者の皆さん、それぞれおっしゃることはバラバラです。

 

 

『肉をたくさん食べるべきだ』

 

 

『肉なんて人が食べるモノではない』

 

 

『糖質制限こそダイエットの正解だ』

 

 

『糖質制限はカラダに良くない』

 

 

『朝食は食べるべきだ』

 

 

『朝食は食べないべきだ』

 

 

 私なりに咀嚼し、今の考えとしては、

 

 

全体最適な食事法なんてない、どの食事法も部分最適に過ぎない】

 

 

 これが今の私の考えです。

 

 

 世界の人口は70億人を超えていると言われています。

 

 

 この全ての人たちに良いことをするって難しくないですか?

 

 

 もっと規模を小さくして考えると、夏に猛暑が続くことで、部屋に冷房がない私は早く涼しくなって欲しいと切に願いますが・・・

 

 海の家やプールの経営者は儲かるので、ウハウハしているはずです。

 

 

 急に規模が小さくなりすぎて、すいません笑

 

 

 要するに、この規模でさえ、全体が最適なことって難しいと思うわけです。

 

 

 ましてや、私たちのカラダはもっと規模が大きくなります。

 

 

 私たちの細胞は60兆個やら37兆個と言われていますから。

 

 

 私たちのカラダの中にいる腸内細菌にいたっては、600~1,000兆個です。

 

 

 この全てにとって、良い食事なんてあるんでしょうか?

 

 

 この食事法は、腸には良い影響を及ぼすかもしれないですが、ほかの臓器には悪い影響があるかもしれません。

 

 

 ダイエットには有効だけれど・・・

 

 

 糖尿病には良いかもしれないけど・・・

 

 

 この腸内細菌の餌としては最適だけれど・・・

 

 

 ◯◯さんには、合っているかもしれないけど・・・

 

 

 というように、全体に最適ではなく、部分的には、最適な食事法なんだと思います。

 

 

 もちろんこれは間違いなくカラダに悪いという食事はたくさんあるので、それは避ける必要があります。

 

 また、自分の常識を覆す知識と出会ったときには、今の常識に囚われることなくどちらか選び、信じることができる柔軟性も必要です。

 

 

 私たち管理栄養士やトレーナーは、ひとつの考えに縛られずに、多くの考えを知り、それぞれの人にあったサポートができる必要があるのだと私は思います。

 

 

 これからも常にアンテナを張り続け、学ぶことに貪欲に生きようと思います。

 

*************************

 

 【きゃっとばっく】にて、9月よりトレーナー向けダイエットセミナーを行います。

 

  詳細はこちらをご覧ください↓

 

hideto0825.hatenablog.com