管理栄養士・パーソナルトレーナーのblog

管理栄養士・パーソナルトレーナーの観点から、栄養・心理学について学びのアウトプットをするブログ

ヨーグルトが便秘の原因に?

    乳糖不耐症についての記事です。


    乳糖不耐症をご存知ですか?


    乳糖不耐症???


    と、思う方がほとんどだと思います。


    私自身栄養の専門学校に通うまで、全く聞いたこともない言葉でした。


《牛乳を飲むとお腹を下す人のこと》


   と、聞けば思い当たる人が多いのではないでしょうか。


    この乳糖不耐症、記事にもあるように、日本人の8割以上に可能性があると言われています。


    実際、私もこの8割に入ります。   


    自分が乳糖不耐症だと気がついたのは、23歳の頃です。


    それまでは、自分の身体に牛乳が合わないなんて思いもせず、


    健康の為に、牛乳を毎日ゴクゴク飲んでいました。
   

    まさかずっと悩んでいた便秘の原因が牛乳だったなんて思ってもいなかったので・・・


    そうなんです。


    牛乳が身体に合わない人は、下すだけではなく、お腹でガスが発生して便秘になるタイプの方もいらっしゃるので注意が必要なんです。


    以前の私のように、毎日牛乳や乳製品を摂取している方は、便秘の原因がそこにあるとは思いもせず、飲み続けていらっしゃる方が多いんです。


    私のように便秘解消目的で、毎日ヨーグルト=乳製品を摂取するという、自殺行為をしている方もいたり。


    乳製品の摂取をやめた今、すっかり私のお腹の調子は快腸となりました!


    自分の経験を活かし、便秘で悩むお客様には、試しに2週間乳製品を控えることを勧めることもありますが、それだけで便秘が良くなる方もいらっしゃいます。


    是非便秘でお悩みの方は、1度お試しください!