管理栄養士・パーソナルトレーナーのblog

管理栄養士・パーソナルトレーナーの観点から、栄養・心理学について学びのアウトプットをするブログ

乳糖不耐症の人は正常で、乳糖分解酵素持続症の人が変わり者!?


    前回に引き続き、乳糖不耐症に関してです。


    日本では、牛乳が体に合わない人のことを乳糖不耐症と呼び、一般的ではない人のように扱いますが、むしろ牛乳を飲める人が『乳糖分解酵素持続症』という少数派なのです。


    『乳糖不耐症』の機序は、乳糖(ラクトース)を体が分解することができないことで、そのままの状態で胃を通過します。


    そして腸などに届き、下痢を引き起こしたり、ガスを発生させるのです。


    要は乳糖を分解することができないことが、大きな原因となります。


    ではなぜ、人間を含む哺乳類の赤ちゃんは、ミルクを飲んで成長できるかというと、赤ちゃんは、この乳糖を分解する『ラクターゼ』という酵素をもっているからです。


    しかし、母親はいつまでも赤ちゃんにミルクを与え続けるわけにはいきません。


    親が子供にミルクを与え続けたらどうなるかか考えてみてください。


    子供はずっと親からミルクを求め、いつまで経っても親離れすることがなくなってしまいます。


    これらを解決する為に生じた進化が、成長するに従って、ラクトースを分解するラクターゼが失われる仕組みです。


    本当にうまくできていますよね!


    話は戻りますが、『乳糖不耐症』の方は正常に大人になってきた人であり、『乳糖分解酵素持続症』の方が異なる進化をしてきた人類というわけです。


    『乳糖分解酵素持続症』は、長く牧畜を営んできていた北欧の方々に多く、生きていく為に、大人になっても乳製品を摂取できるよう進化してきたと言われています。


    対策に関しては、また次回書きます!