管理栄養士・パーソナルトレーナーのblog

管理栄養士・パーソナルトレーナーの観点から、栄養・心理学について学びのアウトプットをするブログ

身体は糖質を摂らなくても適応できる!?

    こんにちは!


    管理栄養士兼トレーナーの片岡です。


    身体は糖質を摂らなくても適応できるという可能性を示唆する実験記事のシェアです。


最小限の炭水化物に制限した食事で、選手の健康と能力が改善されるという、米国オハイオ州立大学からの研究報告。

低炭水化物食の選手は、最大負荷運動時および長時間運動時に、高炭水化物食の選手に比べ、2倍の脂肪を燃焼したという。


    筋グリコーゲンは激しい運動時の重要なエネルギー源である為、運動前には筋グリコーゲンを補充する為、高炭水化物の食事を摂ることが大切!

    これが今までの常識でした。

    しかし、今回のこの実験では、低炭水化物食の選手と高炭水化物食の選手の筋グリコーゲン量に差はなかったとのことです。


    今までの常識が、いつ現在の非常識になるかわからないくらい情報が更新されていきます。


    常にアンテナを張っておかなくてはいけませんね!