管理栄養士・パーソナルトレーナーのblog

管理栄養士・パーソナルトレーナーの観点から、栄養・心理学について学びのアウトプットをするブログ

スーパーフードのチアシード

    こんにちは!


    管理栄養士兼トレーナーの片岡です。


    今回は私のオススメ食品です。


    以前『豆乳グルト』に入れていると紹介した『チアシード』をご紹介します。


    チアシードはスーパーフードと呼ばれる食品で、ダイエットにイイ!!


    などと、よく書かれていますが、私はこれを食べたからといって痩せるとは言いません。


    そもそもこれを食べたら痩せるなんて、夢のようなお話自体ありえないと思っている派なので。


    ですけれど、チアシードの高い栄養素は本当です。

厚生労働省が推奨する1日分のオメガ3脂肪酸の摂取が可能なのですが、特にオメガ3脂肪酸は体内で合成できない栄養素なので、できるだけ毎日口にした方が高い効果を得やすいでしょう。
――オメガ3脂肪酸とはどのような栄養素なのですか?
宇野 皮膚や粘膜の機能を高め、細胞を正しく機能させる作用があるとされています。オメガ3脂肪酸を摂取することで、記憶力の改善や活性酸素の抑制、血液凝固低下作用、アレルギーや炎症の抑制、免疫力の向上、生活習慣病の予防、精神的安定、妊娠力アップなどの効果が得られるといわれてます。“肌がきれいになる”という効果も女性にはうれしいですよね。サバやサンマなどの青魚、くるみやえごま油にもオメガ3脂肪酸は含まれていますが、チアシードの含有量はサバの5倍以上です。

    と記事にあるように、チアシードは、魚の摂取が減っている現代人にとっては、オメガ3を手軽に摂れる数少ない食品です。


    ヨーグルトに入れれば、プルプルの食感に変わり、美味しさ倍増で、一石二鳥です。


    魚の摂取が少ないという方、是非お試しください♪