管理栄養士・パーソナルトレーナーのblog

管理栄養士・パーソナルトレーナーの観点から、栄養・心理学について学びのアウトプットをするブログ

軽視されがちな睡眠

    こんばんは!


    管理栄養士兼トレーナーの片岡です。


    今回は睡眠の大切さに関しての記事のシェアです。



    健康には、運動、食事、そして休養の3つが、どれも欠かせません。


    日本では、その中でも休養の睡眠が、最も軽視されていると感じます。


『俺最近全く運動してないぜ』


『俺栄養バランスが最低だぜ』


は、そうは聞くことはありませんが、


『俺昨日3時間しか寝てないぜ』


    この自慢は良く聴きませんか?笑


    運動をしてないことや、栄養バランスの悪い食事に関して、自慢する方はそうはいませんが、睡眠に関しては少ないことが『偉い』という認識が日本にはある。


    この話を上級睡眠健康指導士の資格をもつ、猫背改善専門スタジオ「きゃっとばっく」で共に働く、野中トレーナーから聞き、とても納得しました。

野中のブログはこちら↓


    このような風潮は、日本人か働き過ぎているということが影響しているのかもしれません。


    しかし、長い時間働くことが仕事を効率的にさせるわけではないと、この記事には書いてあります。

 睡眠不足だとうまく頭が回らないのは、決して気のせいではない。「睡眠時間が5時間を切る日が続くと、脳はチューハイを数杯飲んだときと同じくらい機能が低下する」と、睡眠研究の第一人者として知られる睡眠評価研究機構の白川修一郎代表は指摘する。

    健康に関しても、免疫力を下げたり、老化を促進したりすることで、寿命を縮めることがあるかもしれないと言われています。


    是非皆様も睡眠に関しても、目を向けてみてください。


   という私も栄養と運動に比べると、睡眠は自信をもって完璧です!


とは、言えなかったりしますが・・・


    健康に携わるトレーナーとして、休養もしっかり取るようにしていこうと思います。