管理栄養士・パーソナルトレーナーのblog

管理栄養士・パーソナルトレーナーの観点から、栄養・心理学について学びのアウトプットをするブログ

理想な食事とは!?

    こんばんは!


    管理栄養士兼トレーナーの片岡です。


    日本の和食が世界で注目されていますが、その中でも1975年の日本の食事が最も健康的であるとわかったと、この研究は述べています。



1975年の日本の食事とはどんな食事か!?


    1975年の日本の食事とは、昔ながらの日本の和食に、洋食が少し加わった時代とのことです。


ご飯、クリームシチュー、白菜と干しえびのおひたし、キュウリとひじきのあえもの

    確かにクリームシチューだけ洋で、ご飯を含め3品は和です。

    現代ならクリームシチューとパンとサラダでしょうか?


どのような実験?


国民健康・栄養調査などのデータをもとに、現代(2005年)、1990年、75年、60年の1週間分の食事を再現して、ネズミに4週間食べさせて比較した。

それぞれの食事は〈1〉現代は欧米の影響を受けた献立が多く、脂質の割合が高い〈2〉90年は現代と大きな差はないが、カロリーがやや少ない〈3〉75年はご飯中心で、欧米の影響を少し受けている〈4〉60年はご飯の割合が非常に大きく、魚介類が主なたんぱく源――という特徴がある。

結果は?


    1975年のねずみが最も、

・脂肪の蓄積が少ない
・ガンの発症が少ない
・動きや毛づやが良い
・記憶力の成績が良い

という結果に。


    完全に和食ではなく、和食中心にちょっと洋を足し、バラエティーのある食事が健康には理想なのかもしれませんね。

 
    タダこの研究は、人ではなくネズミによる研究なので、人にも完全に適応されるかはまだわかりません。


    今年成人の男女で調査を行うということなので、結果が楽しみです。

片岡秀人