管理栄養士・パーソナルトレーナーのblog

管理栄養士・パーソナルトレーナーの観点から、栄養・心理学について学びのアウトプットをするブログ

野菜は料理をしなくても美味い

    こんにちは!


    管理栄養士兼トレーナーの片岡です。


    先日20代、30代の野菜不足について書きましたが、そういう私も栄養士になる前は、野菜はほとんど食べない食生活でした。


自炊のハードルは高い



    現在の日本では、お金をかけずに、野菜をとりいれた食生活を送ろうとしたら、自炊が必須です。


    しかし、当時の私にとって、『自炊』のハードルは高く、その選択肢はありませんでした。


    だからこそ、若い人達が外食やコンビニ弁当、スーパーの惣菜で、毎日の食事を済ましてしまう気持ちがわかります。

 
    皆『料理』をしようとするから、ハードルを勝手に上げてしまっていると私は感じます。


『料理』ではなく、『調理』



    私は決して料理上手な栄養士ではありません。

   
    ですが、栄養士になってからは、自炊をずっと続けています。


    自炊を継続している私の秘訣としては、
『料理』を頑張り過ぎないことだと思っています。


    例えば野菜も、

  • 生で食べる
  • 煮る、蒸す、焼く

    これだけで十分に野菜は美味い!と感じます。
 
  • 焼き野菜にオリーブオイル質の良い塩とブラックペッパー

  • 煮た野菜に味噌をつけて食べる


    これなら簡単にできますよね。


    『料理』ではなく、『調理』


    色々な調理器具や調味料を揃え、クックパッドを検索しなくても、自炊はできます。


    まずは鍋とフライパンを用意して、チャレンジしてみてください。

片岡秀人