管理栄養士・パーソナルトレーナーのblog

管理栄養士・パーソナルトレーナーの観点から、栄養・心理学について学びのアウトプットをするブログ

健康の二極化

    こんばんは!


    管理栄養士兼トレーナーの片岡です。


    9日間のアメリカの生活を終え、無事に日本に帰国致しました。


    アメリカで9日間生活をしてみて感じたことは、

  • ハンバーガー、ピザ、ドーナッツのお店が多い

  • 1人前の量が多い

  • 規格外に太っている人が多い

    これ以外にも印象的だったのは、サブウェイでセットを頼むと、なぜかドリンクとスナック菓子がついてきたんです。


    セットに当たり前のように、スナック菓子がついてくるのは、日本人の私には理解できないサービスでした。


    これらは私のイメージ通りな『アメリカ』の印象です。


    これに対して、


  • スーパーには、サラダバイキングや野菜の惣菜がたくさん売っている


  • ファーストフード店には、サラダのみで満足できる量のビックなサラダメニューがあることが多い

  • 街にはスマートな方もたくさん歩いている


    アメリカは、意識が高い人に対応するサービスが進んでいるので、健康的に過ごそうと思えば過ごせます。


    しかし、普通に生活をしていたら、太っていく環境でもあります。


    このようにアメリカは『健康の二極化』が、日本よりも強く表れていると感じました。


    消費者次第と言ってしまえば、その通りなのですが、やはり環境の影響は大きいと私は思います。
    

    日本でも肥満を減らす為に、スーパーのサラダバイキングを定番にしたり、ファーストフード店の野菜メニューを充実させたりと、もっと健康を意識する方へのサービスが広がって欲しいものです。


   栄養士やトレーナーという立場から、私も日本の環境を変える力になっていきたいと思います。

片岡秀人