管理栄養士・パーソナルトレーナーのblog

管理栄養士・パーソナルトレーナーの観点から、栄養・心理学について学びのアウトプットをするブログ

便秘=食物繊維ではない

    こんばんは!


    管理栄養士兼トレーナーの片岡秀人です。


    便秘といったら食物繊維を摂りましょう!


    これは一般の方にも知れわたっている情報となっていますが・・・


    実はすべての方に当てはまる情報ではなく、注意が必要だったりします。


    食物繊維とれば良いってものじゃないんです。


食物繊維の分類


まず食物繊維は、水に溶ける水溶性食物繊維と、水に溶けない不溶性食物繊維の2つに大きく分けられます。


水溶性食物繊維
海藻類、果物類、きのこ類、野菜

不溶性食物繊維
野菜、豆類、芋類、きのこ類

    と、分けられますが、上の一覧を見ると、食品によっては水溶性、不溶性どちらにも含まれていますよね?


この食品には、水溶性食物繊維
 

ではなく、基本的には、どちらも含まれていて、割合として、水溶性食物繊維が多いとか不溶性食物繊維が多いという感じです。


便秘を悪化させる!?


    この2つのうち、注意が必要なのは、不溶性食物繊維です。


    場合によっては、より便秘を促進してしまいます。


    コロコロとした便が出る時は、腸で便が長く留まっている状態。


    そこに水分を吸収して膨らむ不溶性食物繊維が入ってくるとさらにコロコロ便を促す結果となってしまいます。


    実際お客様でも、便秘に良いとされているさつまいもを食べることで、お腹が張り便秘を悪化させてしまうことがあります。


    そういう私も便秘時に、さつまいもやバナナを食べると、お腹が張ってしまいます。


    まさか便秘に良いと言われているこれらが、便秘を悪化させるとは思いもしないので、なかなか気がつかない人も多かったりします。


    便秘でお悩みの方は、やみくもに食物繊維の摂取を心がけるのではなく、まずは不溶性食物繊維の摂取を控えるというを試してみてください。

片岡秀人