管理栄養士・パーソナルトレーナーのblog

管理栄養士・パーソナルトレーナーの観点から、栄養・心理学について学びのアウトプットをするブログ

メディアリテラシー

    こんにちは!


    管理栄養士兼トレーナーの片岡です。


    続けて書いているフードファディズムの考えを紹介している本


フードファディズム〜メディアに惑わされない食生活〜」

f:id:hideto0825:20160401120058j:image

    この本から、今回は「メディアリテラシー」という考えについてご紹介致します。


メディアリテラシーとは



    メディアリテラシーをざっくり説明をすると、メディアの情報を理解し、使いこなす能力のことです。


    この能力が低く、本の題名のように、メディアに惑わされてしまう方が多い現代の日本です。


メディアリテラシーを身につけるには


    メディアや誇大広告に騙されない為に、著者の高橋久仁子さんが提唱されているのは、


「広告・宣伝の行間を読まない」


ということです。


    10年以上前のCMで、


「燃焼系♪燃焼系♪アミノ式〜♪」


    この歌とともにアクロバットな動きをするCMのシリーズを覚えていますでしょうか。
 

   この飲み物を飲むと、脂肪が燃焼されて痩せますよ!


   とは、直接書いていなくても、この時は多くの方が、アミノ酸を摂取すると、ダイエット効果があると思い、こちらを飲んでいました。


    まさにこれが行間を読むです。

書かれている字面以上の解釈をせずに、読むべきは栄養表示である

    こう本に書いてあります。


    アミノ酸2,000mg配合


    すごい量が入ってるように錯覚しますが、アミノ酸が2g入ってるだけです。


    商品のパッケージには、こういった栄養表示で溢れているので、読む力も必要になってきます。


    しっかり「メディアリテラシー」を身につけ、自ら情報を精査する力が必要な時代ですね!

片岡秀人