管理栄養士・パーソナルトレーナーのblog

管理栄養士・パーソナルトレーナーの観点から、栄養・心理学について学びのアウトプットをするブログ

食の男女共同参画

    こんにちは!

    管理栄養士兼トレーナーの片岡です。


    今回も高橋久仁子さんの著書


フードファディズム〜メディアに惑わされない食生活〜」

f:id:hideto0825:20160405230544j:image

    こちらから『食の男女共同参画』についてシェアです。


食の男女共同参画とは?


    聞き慣れない言葉ですが、ざっくり言うと、

男性も女性に任せきりじゃなく、自分のご飯くらい自分でどうにかしようよ!

という考えです。


    昨今では女性の社会進出が進み、共働きの家庭も多くなっていますが、いまだに『食事の用意は女性の仕事』『妻がするのが当たり前』とされていることが多いのが現状です。


妻『今日私友達とご飯食べて帰るから、帰り遅くなるわ』

夫『俺の飯どうすんだよ!!』


    ドラマなどでよくありそうなシュチュエーションですが、こんな感じです。


食生活の自立が大切


    高橋久仁子さんの主張のおもしろいところは、このことを『食事のことに関与させてもらえない男性』としているところです。


    その捉え方はなかったですが、確かに言われてみればそうです。


    男性は『健康の自己管理』を、女性に奪われていることと等しいわけです。


    男性も『食生活の自立』が必要であり、そうすることが、

『食の男女共同参画』となります。

    続きはまた次回に書きます!

片岡秀人